臨床研究の道標 読者限定ウェブサイトはコチラ

臨床研究の道標 第2版 付属 WORKBOOK ワークシート(PDF)ダウンロードはコチラ


臨床研究の道標(みちしるべ)第2版 7つのステップで学ぶ研究デザイン
福原 俊一 著 2017年7月26日発売

臨床研究の道標 第2版 上下巻

臨床研究の道標 第2版(上下巻)発売

【主な改訂点】
1.内容を全面見直し。より理解しやすい内容に刷新。
2.実践演習が行えるワークブックを新たに付属。
3.研究計画作成支援オンラインアプリ「QMentor」を特典提供。
4.新進研究者たちの試行錯誤の物語「私のRQコーナー」を収録。

福原 俊一(京都大学大学院 医学研究科 教授/福島県立医科大学 副学長)著
A5版/上巻248ページ・下巻264ページ
定価:上巻・下巻 各3,800円(税込4,104円)

臨床研究の道標 第2版 の詳細はコチラ

臨床研究の道標 第2版 のお申し込みはコチラ

京都大学 教授 福原 俊一

臨床研究の道標 第2版 出版記念講演会 のお知らせ

臨床研究の道標 第2版 の出版を記念し、東京と京都で講演会を行います。

特別セミナー「医療を変える臨床研究」

― 臨床研究の道標 第2版 出版記念講演会 ―

【東京】2017年9月10日(日)東京大学 弥生講堂 一条ホール
【京都】2017年9月24日(日)京都大学 芝蘭会館 山内ホール

*ご参加方法:「臨床研究の道標 第2版 上下巻・講演会入場券セット」のご購入でご参加いただけます。

出版記念講演会 の詳細はコチラ

特別セミナー「医療を変える臨床研究」
― 臨床研究の道標 第2版 出版記念講演会 ―

                                    
*「臨床研究の道標 第2版」出版記念講演会は、終了いたしました。多数のご来場をいただきまして、ありがとうございました。
                                    

■日時・場所
【東京】2017年9月10日(日)13:00~16:30(12:30開場) 東京大学 弥生講堂 一条ホール
【京都】2017年9月24日(日)13:00~16:30(12:30開場) 京都大学 芝蘭会館 山内ホール

■プログラム

12:30 開場  
13:00 プレゼンテーション
「世界への道標」Harvard大学教授 Ichiro Kawachi
Harvard大学教授 Ichiro Kawachi
  【第一部】医療現場から世界へ  
  [東京会場]
・特別ゲスト講演
「臨床医の ココロのスキマ を埋める研究とは?」
慶応大学医学部 講師 香坂 俊
慶応大学医学部 講師 香坂 俊
  ・鼎談(ていだん)
「あなたも世界水準の臨床研究者に」
話題提供 京都大学 教授 福原 俊一
日本医療政策機構 代表理事 黒川 清
東京医科歯科大学 学長 吉澤 靖之
京都大学 教授 福原 俊一日本医療政策機構 代表理事 黒川 清東京医科歯科大学 学長 吉澤 靖之
  [京都会場]
・特別ゲスト講演
「CRPが役立つか、臨床研究やってみました」
京都大学病院 臨床研究教育・研修部
特定助教 山本 舜悟
「かぜ診断マニュアル」山本舜悟 著京都大学病院 臨床研究教育・研修部 特定助教 山本 舜悟
  ・鼎談(ていだん)
「あなたも世界水準の臨床研究者に」
話題提供 京都大学 教授 福原 俊一
京都大学 教授 川上 浩司
京都大学 教授 中山 健夫
京都大学 教授 福原 俊一京都大学 教授 川上 浩司京都大学 教授 中山 健夫
14:50 【第二部】「臨床研究の道標」の道標
・「臨床研究の道標 サマリー」私ならこう読む(理解度チェックつき)
京都大学 助教 紙谷 司(東京会場)、京都大学 特定准教授 福間 真悟(京都会場)
・「臨床研究の道標 7つの謎」他では聞けないこぼれ話
(著者にスマートフォンで直接聞けます。読者の疑問にこたえる)
京都大学 教授 福原 俊一
16:30 閉演

* 閉演後に福原俊一先生のサイン会を行います。ご希望の方は、ご購入いただいた「臨床研究の道標 第2版」などをご持参ください。
* 時間および登壇者は変更になる場合があります。予めご了承ください。

■費用

10,000円(税込)

*「臨床研究の道標 第2版」上下巻書籍代 8,208円(税込)と「出版記念講演会(東京または京都会場のいずれか)」の参加費が含まれます。

■申込方法
iHopeウェブサイト限定で販売の「臨床研究の道標 第2版 上下巻・講演会入場券セット」をご購入いただき、入場券を当日ご提示ください。
*当日は入場券を必ずご持参ください。
*すでに書籍のみをご購入済みで講演会への参加をご希望の方は、下記事務局までご連絡ください。

■主催
特別セミナー実行委員会(五十音順)(委員長/本多 通孝 福島県立医科大学 教授)

発起人
上野 文昭 米国内科学会(ACP)日本支部 代表理事/川上 浩司 京都大学 教授/中山 健夫 京都大学 教授/
濱口 杉大 福島県立医科大学 教授/宮田 俊男 国立がん研究センター 室長/
渡部 一宏 昭和薬科大学 理事 兼 教授
顧問
筧 善行 香川大学 次期学長/黒川 清 日本医療政策機構 代表理事/塩田 浩平 滋賀医科大学 学長/
丸山 泉 日本プライマリ・ケア連合学会 理事長/三宅 養三 愛知医科大学 理事長/
吉澤 靖之 東京医科歯科大学 学長

■お問い合わせ
認定NPO法人 健康医療評価研究機構[iHope International]
特別セミナー実行委員会事務局 Tel. 075-211-5656 eメール: kouhou@i-hope.jp

書評より抜粋(五十音順)

『臨床研究の道標』を目にして、眼から鱗が何枚も落ちた。これぞまさに日本の臨床研究が世界レベルに一歩近づくための道標である。よい臨床研究をしたいという志のある医師にとって本書は必読の書である。また、臨床論文を正しく読みたいと願っている若手医師から指導医クラスまで全ての医師に自信を持って推薦したい。
上野 文昭 先生(米国内科学会 日本支部長)

臨床研究を始める前に1度読んでおくと後悔せずに済むし、一流誌に掲載される機会も格段に増すことは間違いない。
菊地 臣一 先生(福島県立医科大学 理事長兼学長)

これから臨床研究にとりかかる人は、いくつかの壁にぶつかりますが、臨床研究のプロトコルをつくって、いよいよ開始するところまでが、大きな山場です。この本はこの山場を超えるのに大きな力となるでしょう。
桐野 髙明 先生(独立行政法人 国立病院機構 理事長)

わが国の臨床疫学をリードし、臨床研究デザインの第一人者として多くの研究者を育ててきた著者がこれまで蓄積してきたknow-howを、具体的でわかりやすく惜しげもなく述べられています。
小泉 順二 先生(金沢大学医学部附属病院 総合診療部 保健管理センター長・教授)

社会に貢献できる臨床研究こそに意味があるという哲学が全体の底流となっていて読者の胸を打つ。
本書が臨床研究のみならず、日本の医療の質の改善に貢献することを切に望むものである。
野口 善令 先生(名古屋第二赤十字病院 総合内科 部長)

改めて福原先生の頭脳の中を垣間見させて頂いた思いと、先生がこれまで培ってこられたものの深さと広さを感じさせてくれます。
橋本 信夫 先生(国立循環器病研究センター 理事長・総長)

大枠のデザインの善し悪しを吟味することなしに進めてしまう前に、本書に書かれている臨床研究の骨格のあり方をまず理解しておくことが結局は早道であり、他者の評価に耐え得る研究となることは間違いないであろう。
丸山 泉 先生(日本プライマリ・ケア連合学会 理事長)

日々の臨床経験を単なる症例として積み重ねるだけで終わらせるのでは悩み方・創意工夫が足りないのだ.医療人たるが故に持つ医の志を持って科学論文にまで具象化できて初めて、目の前の患者にも真摯に向き合ったことになると筆者は訴える。
森田 学 先生(岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 予防歯科学分野 教授)

*この他にも多くの方々より書評をお寄せいただいています。


【お問い合わせ】認定NPO法人 健康医療評価研究機構[iHope International] 出版部
Tel.075-211-5656 eメール:books@i-hope.jp

臨床研究の道標 第2版 のお申し込みはコチラ

このような方に

医療の現場で疑問を感じることはないですか? その答えを見つけるために…。
  • 世界の論文を正しく読み解き、解釈できるようになりたいと思っている方
  • 診療現場で抱いた疑問に自分自身で答えを見つけるために、研究してみたいと思っている方
  • できれば、その研究の結果をまとめ、学会や学術雑誌に発表したいと思っている方
  • いつもの症例報告から一歩前へ踏み出してみたいと思っている方

でも何から始めたらよいか、悩んでいませんか?
この本は、研究デザインの道で遭難しないためのガイドブック(道標)です。
この本を手に、症例報告から一歩前に飛び出してみましょう。

内容

上司から学会発表を命じられ泣いていた若手外科医「Olive」のもとに、忽然と臨床研究の師範の「臨Q」が現れ、研究の基本設計図を完成させる二人の珍道中が始まります。ぜひ、みなさんも二人の旅にご同行ください。

本書の7つの特徴

1. 理念と目的と「おもい」と

著者の執筆の理念と目標が明確に示されている。そして「医療者に元気になってもらい、医療を元気にしてほしい」という著者の「おもい」も・・・

2. 独創的な構成

この理念と目標を達成するために、本の構成「デザイン」が周到になされ、類書にない独自性の高い構成、 目次になっている。

3. レッスンプロでなく、トーナメントプロがわかりやすく説明

現役の研究者である著者が、全ての医療職が理解できるようにわかりやすく解説。基礎を広く、しかし時に深く。

4. 創意工夫

これまでの教科書や翻訳書では見たこともない見出し、造語、解説方法、「道標」、「去来夢(こらむ)」、「私のRQコーナー」・・・全ページに著者の創意工夫があふれている。

5. 一貫性、統一性

単著であることで、内容が一貫して執筆されている。共著では決して得られない統一性。

6. 「ハウツーもの」でない本

類似書のような統計解析や論文作成などのテクニックを教えるいわゆる「ハウツーもの」とは全く異なる。

7. 目が嬉しい

表紙、レイアウト、図表、漫画・・・これらの「デザイン」も秀逸。しかも全ページがオールカラー。


【お問い合わせ】認定NPO法人 健康医療評価研究機構[iHope International] 出版部
Tel.075-211-5656 eメール:books@i-hope.jp

臨床研究の道標 第2版 のお申し込みはコチラ

臨床研究の道標 読者限定ウェブサイト

こちらからどうぞ

こんなことができるぞ!

  • 臨Qのはてな時 解答コーナー:各章末のクイズの答えがご覧いただけます。
  • FAQ:「臨床研究の道標」へのご意見・ご感想・ご質問を承ります。
  • コミュニティ: Facebookグループ(メンバー制)にご参加いただけます。

臨床研究の道標【第2版】付属WORKBOOKワークシート(PDF)ダウンロード

臨床研究の道標【第2版】に付属のWORKBOOKのワークシート(PDF)を無料でダウンロードしてご使用いただけます。ご使用方法は、臨床研究の道標【第2版】をご参照ください。

ダウンロードはコチラ

  • 出版物のご案内
  • iHopeが獲得した研究費
  • 賛助会員制度
  • 寄附のお願い・申し込み
  • ニューズレター

TOP