最近の主な研究業績

MBD-5D研究の論文が「Clin Exp Nephrol」に掲載されました。

iHopeはMBD-5D研究において、研究計画の立案とデータの解析をサポートしています。

———-

MBD-5D研究の論文「The cardiothoracic ratio and all-cause and cardiovascular disease mortality in patients undergoing maintenance hemodialysis: results of the MBD-5D study(CTRと患者予後)」が「Clin Exp Nephrol」に掲載されました。

【要旨】
透析患者において、心臓と胸郭の横径の比率である心胸郭比と予後の関連は報告されていなかった。そこで、二次性副甲状腺機能亢進症を合併した透析患者の大規模ケース・コホート研究によって心胸郭比と予後の関連を検証した。時間依存性の要因に関しては、時間依存性コックス回帰モデルを用いて対処した。心胸郭比は心血管イベントの発症リスクおよび、死亡リスクと関連し、心胸郭比が増大するほど、リスクが上昇する結果となった。

Hiroaki Ogata, Junji Kumasawa, Shingo Fukuma, Masahide Mizobuchi, Eriko Kinugasa, Masafumi Fukagawa, Shunichi Fukuhara, Tadao Akizawa

The cardiothoracic ratio and all-cause and cardiovascular disease mortality in patients undergoing maintenance hemodialysis: results of the MBD-5D study
Clin Exp Nephrol 2017 May 15. doi: 10.1007/s10157-017-1380-2

▼掲載サイト
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28508128


2017.09.26
  • iHopeが獲得した研究費
  • 賛助会員制度

TOP