最近の主な研究業績

MBD-5Dからの研究論文が、Scientific Reportsにアクセプトされました。

iHopeはMBD-5D研究の計画立案とデータ解析・論文作成を担当しています
 
【要旨】
副甲状腺ホルモン(PTH)を下げるシナカルセトによる心血管イベント減少効果は国外のRCTで実証されなかった。そこで、二次性副甲状腺機能亢進症を合併した血液透析患者の大規模ケース・コホート研究によって、実診療におけるシナカルセトの有効性を検証した。時間依存性の交絡因子を周辺構造モデルによって対処した。シナカルセト処方による死亡減少効果は、PTHが高いほど大きい可能性が示唆された(iPTHが500pg/ml以上の場合、死亡減少効果は約50%)。

 
Akizawa T*, Kurita N*, Mizobuchi M, Fukagawa M, Onishi Y, Yamaguchi T, Ellis AR, Fukuma S, Brookhart MA, Hasegawa T, Kurokawa K, Fukuhara S. (*Co-first author)
PTH-dependence of the effectiveness of cinacalcet in hemodialysis patients with secondary hyperparathyroidism.
Scientific Reports 2016; 6: 23041.


2016.06.23
  • 出版物のご案内
  • iHopeが獲得した研究費
  • 賛助会員制度
  • 寄附のお願い・申し込み
  • ニューズレター

TOP