What's New

日本臨床疫学会 第5回年次学術集会が2022年11月12日(土)・13日(日)に現地開催、プレセミナーが2022年11月5日(土)・6日(日)にオンライン開催されます。

日本臨床疫学会 第5回年次学術集会

iHope学術諮問委員の福原俊一先生が代表理事を務める日本臨床疫学会の第5回年次学術集会が2022年11月12日(土)・13日(日)に早稲田大学 国際会議場(東京都)で現地開催、プレセミナーが2022年11月5日(土)・6日(日)にオンライン開催されます。

3年ぶりのリアル開催となる第5回年次学術集会のテーマは「邂逅遭遇 ─ 医療者のおもいをリサーチに」(大会長 早稲田大学 理工学術院 宮田 俊男 教授)。

臨床研究、臨床疫学に携わる研究者、医療者が、たまたまめぐり逢い、集い、学び、教え合い、研究成果を発表し、白熱したディスカッションを重ねて、切磋琢磨、さらなる研究への飛躍の機会を提供できる場を作り上げます。

シンポジウム、講演、実際に臨床研究の学習をする企画、一般演題から最優秀賞を選出する Young Investigator Award(YIA)候補演題発表などで構成され、プログラムは4つの会場で行われます。

【会期】
本会/2022年11月12日(土)・13日(日)(現地開催)
プレセミナー/2022年11月5日(土)・6日(日)(オンライン開催)

【会場】
早稲田大学 国際会議場(東京都新宿区西早稲田1−20−14)

・Main Theater(MT):国際会議場 井深大ホール
・Academic Theater(AT)1:大隈記念小講堂
・Academic Theater(AT)2:国際会議場 第2会議室
・Presentation Theater(PT)AT3:国際会議場 第3会議室

【プログラム】
<基調講演/2050年に向けての日本の医学への展望>

門田 守人(日本医学会連合 会長)

<特別講演/日本の未来と医学に期待すること>

弘兼 憲史(漫画家/『島耕作』シリーズ著者)

<国際シンポジウム1/COVID-19研究の最前線(仮題)>

Georg Holländer, FMedSci(Oxford大学)

<国際シンポジウム2/Multimorbidityをはかる:新世代の測定法>

John E. Ware Jr., PhD(Harvard大学/Tufts大学)

*その他、多数のプログラムを予定しています。プログラムの詳細は、以下のホームページをご覧ください。

▼日本臨床疫学会 第5回年次学術集会
https://www.clinicalepi.org/jsce2022/

———-

日本臨床疫学会は、2016年に「クリニカル・マインドとリサーチ・マインドを持つ医療者による質の高い研究を、ビックデータを活用した研究などの振興と研究人材育成を通じて推進し、現在の医療が直面する諸課題の解決に貢献すること」をミッションとして発足しました。

▼日本臨床疫学会
http://www.clinicalepi.org/


2022.07.06
  • iHopeが獲得した研究費
  • 賛助会員制度

TOP