最近の主な研究業績

iHopeが計画立案、データ解析、論文執筆などをサポートした論文が「日本透析医学会賞(木本賞)」を受賞および「PLOS ONE」など国際主要誌に掲載されました。

Therapeutic Apheresis and Dialysis 2017共同執筆の論文が2018年度の「日本透析医学会賞(木本賞)」を受賞しました。

この研究は、J-DOPPSのデータを用いて、維持血液透析患者において、ある種の降圧薬が心血管病の発生を減らすという仮説を検証したものです。結果は、予想に反してネガティブでしたが、リサーチクエスチョンの意義と研究方法の正当さが評価され、見事、受賞となりました。iHopeは、データ解析、および論文執筆(一部)を担当しました。

Mizobuchi M, Ogata H, Onishi Y, Fukuma S, Akizawa T, Fukuhara S.

RAS Inhibitor Is Not Associated with Cardiovascular Benefits in Patients Undergoing Hemodialysis in Japan.
Therapeutic Apheresis and Dialysis 2017;21:326-33.

▼掲載サイト
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28834360

———-

Surgery 2018愛媛大学 医学部 肝胆膵・乳腺外科学講座との共同研究が「SURGERY」に掲載されました。

この研究は、内視鏡下胆嚢摘出術において、術式(従来法か新しい単孔式か)が術後回復速度に与える影響を評価するランダム化臨床試験です。構想から論文出版まで6年がかりの研究となりました。集団全体では従来法と単孔式とに有意な差はないものの、予想通り、身体活動が活発である、若年者と、フルタイムワーカーにおいて、従来法よりも単孔式の方が術後の回復が遅いことが示されました。iHopeは、計画立案、データ解析、および、論文執筆(一部)を担当しました。

Eitaro Ito, Akihiro Takai, PhD, Yoshinori Imai, Hiromi Otani, Yoshihiro Onishi, Yosuke Yamamoto, Kohei Ogawa, Taiji Tohyama, Shunichi Fukuhara, Yasutsugu Takada.

Quality of Life after Single-Incision Laparoscopic Cholecystectomy: A Randomized, Clinical Trial.
Surgery 2018, in press.

▼掲載サイト
https://www.surgjournal.com/article/S0039-6060(18)30514-2/fulltext

———-

PLOS ONE. August 15, 2018iHope研究員の調査研究が「PLOS ONE」に掲載されました。

この研究では、J-DOPPS参加施設の医師を対象にシナリオを用いた診療方針調査(Vignette Study)を行い、透析患者に癌が疑われた際の医師の診療パターンを調査しました。同一シナリオ内では患者の背景因子が異なっていても、一致した診療パターンが見られました。

Shingo Fukuma, Miho Kimachi, Kenji Omae, Yuki Kataoka, Hajime Yamazaki, Manabu Muto, Tadao Akizawa, Motoko Yanagita, Shunichi Fukuhara.

Dialysis physicians’ referral behaviors for hemodialysis patients suspected of having cancer: A vignette-based questionnaire study.
PLOS ONE. August 15, 2018.

▼掲載サイト
https://doi.org/10.1371/journal.pone.0202322

———-

Journal of the American Medical Directors Association 2018LOHAS(福島県の自治体と共同の疫学調査研究)から論文が「Journal of the American Medical Directors Association」に掲載されました。

Kamitani T, Yamamoto Y, Fukuma S, Ikenoe T, Kimachi M, Shimizu S, Yamamoto S, Otani K, Sekiguchi M, Onishi Y, Takegami M, Ono R, Yamazaki S, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S.

Association Between the Discrepancy in Self-Reported and Performance-Based Physical Functioning Levels and Risk of Future Falls Among Community-Dwelling Older Adults: The Locomotive Syndrome and Health Outcomes in Aizu Cohort Study (LOHAS)
Journal of the American Medical Directors Association 2018, in press.

▼掲載サイト
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30409491

———-

Nephron. 2018J-CLIP(透析データベースJ-DOPPSを用いた論文化事業)から3つの論文が「Nephron」「Journal of Renal Nutrition」「American Journal of Kidney Disease」に掲載されました。

Shimizu S, Fukuma S, Ikenoue T, Akizawa T, Fukuhara S.

Increased Mortality Rate after Hospitalization Among Chronic Hemodialysis Patients: A Prospective Cohort Study.
Nephron. 2018;140:194-202.

▼掲載サイト
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30153677

———-

Journal of Renal Nutrition 2018Matsuzawa Ryota, Kamitani Tsukasa, Roshanravan Baback, Fukuma Shingo, Joki Nobuhiko, Fukagawa Masafumi.

Decline in functional status and mortality in patients on hemodialysis: Results from the Japan Dialysis Outcome and Practice Patterns Study (J-DOPPS).
Journal of Renal Nutrition 2018, in press.

▼掲載サイト
https://www.asn-online.org/education/kidneyweek/2018/program-abstract.aspx?controlId=3007908

———-

American Journal of Kidney Disease 2018Kurita Noriaki, Akizawa Tadao.

A simple vitality question, its correlates, and clinical outcomes in patients receiving hemodialysis: The Japanese Dialysis Outcomes and Practice Pattern Study.
American Journal of Kidney Disease 2018, in press

▼掲載サイト
https://www.asn-online.org/education/kidneyweek/2018/program-abstract.aspx?controlId=3009276


2018.12.07
  • iHopeが獲得した研究費
  • 賛助会員制度

TOP