What's New

書籍「医学論文査読のお作法 査読を制する者は論文を制する」大前憲史先生 著/福原俊一先生 監修の電子版が発売されました。

医学論文査読のお作法 査読を制する者は論文を制する電子版の発売にあたり、監修者である福原俊一先生から序文が寄稿されました。

【監修者序文(抜粋)】

皆様は、査読者の立場に立って考えてみたこと、査読者の気持ちを想像したことはありますか? 論文執筆者は、とにかく自分の論文を雑誌に受理されることに精一杯でそこまで頭が回らないかもしれませんね。査読者は敵ではありませんが、「敵を知る」ことは戦いに勝つ基本中の基本です。

そのためには、自分の立場を離れ、査読者の考え方、査読者の気持ちを想像しながら、対応することは効果的です。また、査読者の指摘から重要な気づきを得たり、学びにつながったりすることも少なくないでしょう。査読を受けることを苦行とは捉えず、気づき、学び、自分を鍛え磨く最良の道場と捉え、臨んではいかがでしょうか?

その意味でこの本には査読者の考え方、気持ちが満載されています。ぜひこの機会に、この書籍から学んでください。

———-

福原俊一先生(京都大学 教授/福島県立医科大学 副学長)のベストセラー「臨床研究の道標」の副読本シリーズ第1作。

査読について学べるコンテンツをワークショップ形式で提供する活動を行ってきた大前憲史先生(福島県立医科大学附属病院 臨床研究教育推進部 副部長・特任准教授)が、査読作業を「六つのステップ」に分解して分かりやすく解説します。

突然訪れる「査読」の依頼。制限時間のある中で、守秘義務によりむやみには上司や先輩にも相談できず、他の方の論文を自分一人で評価しなければならない。何とか頑張ってコメントを返しても、本当にあれで良かったのだろうかと迷うことも……。皆さんの「査読」に対するネガティブな思いは、「査読」をもっと体系的に整理し理解することで克服できます。

「ハードルが高い」と敬遠していては勿体ない。査読ってもっと面白いものなんだ。そんな「伝えたい」という筆者の強い思いをモチベーションに本書は執筆されました。

「査読を制する者は論文を制する」。「査読」について体系的に学ぶことで、今度は皆さんが著者として論文に関わる際にも、これまでよりもはるかに広く深い視点で執筆に臨めることを実感していただけるでしょう。

さあ、あなたも「査読」を通して医学の発展を支える世界の研究者の一員に!

〈本書の効用〉
◆査読時には 効率的で系統的、網羅的な査読ができる
◆論文執筆時は より広く深い視点から論文の質を向上
◆査読者への対応時には 困難な要求にも的確な返答が可能に

———-

医学論文査読のお作法 査読を制する者は論文を制する

大前 憲史 著/福原 俊一 監修
A5版/168ページ
定価:単行本 3,300円(税込)
   電子書籍 2,970円(税込)

▶「医学論文査読のお作法」の詳細


2021.12.24
  • iHopeが獲得した研究費
  • 賛助会員制度

TOP