What's New

「ジョンズホプキンス大学 School of Public Health」から教授陣が来日し、第3回の京都スクーリング(Kyoto Spring Institute)が 3月18日(日)~23日(金)にザ・パレスサイドホテルで行われました。

Kyoto Schooling 20181期生9名、2期生10名、3期生10名、海外からの受講生1名が出席し、1期生は “Assessing Heaith Status and patient Outcomes” を、2期生は “Date Analysis” を、この春に入学した3期生は “Problem Solving” を受講しました。

「ジョンズホプキンス大学 School of Public Health(JHSPH)オンラインMPH」の学位取得に必要な全80単位のうち16単位は、4年間にわたり毎年、米国ボルチモアかスペインのバルセロナで開講される2週間の集中講義により取得する必要があります。

「JHSPH オンラインMPH 日本プログラム」では、毎年3月に「ジョンズホプキンス大学 School of Public Health」の教授陣が来日し、1週間のスクーリングを提供します。
約3年間に京都でのスクーリングに4回出席することで、卒業に必要なすべての単位を日本にいながら取得できます。

▶ 京都スクーリングの詳細


2018.04.10
  • iHopeが獲得した研究費
  • 賛助会員制度

TOP