学術諮問委員からのメッセージ

John Z. Ayanian, MD, MPP

Director, institute for Healthcare Policy and Innovation Professor of Internal Medicine, Health Management and Policy, Public Policy University of Michigan

 

As iHope International celebrates its 10th anniversary, I congratulate Dr. Fukuhara and the iHope staff on the important progress they are making to advance the field of clinical outcomes research in Japan.

The summer training program is developing the next generation of outcomes researches who will contribute to this field. Through Dr. Fukuhara's Roadmap to Clinical Research textbook, the concepts of outcomes research are reaching a broader audience. iHope is also connecting researchers in Japan with the global research community through the DOPPS study to improve the outcomes if kidney disease.

I look forward to the new contributions that iHope will make over the next decade.

iHope International設立10周年にあたり、日本で臨床アウトカム研究の分野を前進させるための大切な進歩を遂げられた福原先生とiHopeスタッフの皆様にお祝い申し上げます。

臨床研究デザイン塾は、アウトカム研究の分野に貢献する次世代の研究者を育成しています。福原先生の書籍『臨床研究の道標』により、アウトカム研究という概念はより広く普及されるようになりました。また、腎臓病のアウトカムを改善するためにiHopeはDOPPS研究を通じて日本の研究者をグローバルな研究コミュニティと結びつけています。

iHopeの今後10年間の新たな貢献を楽しみにしています!

  • 出版物のご案内
  • iHopeが獲得した研究費
  • 賛助会員制度
  • 寄附のお願い・申し込み
  • ニューズレター

TOP