学術諮問委員からのメッセージ

Thomas S. Inui, ScM, MD, MACP

Joe and Sarah Ellen Mamlin Professor of Global Health Research, Director of Research Indiana University Center for Global Health Indiana University School of Medicine

 

Summer Camp in Adolescence
In 2004 Shunichi Fukuhara and his colleagues invented a non-traditional organizational framework for education and training of promising young clinical investigators. Lacking academic policies and degree requirements, summer camp's essential ingredient was a passion for discovery and a commitment to developing evidence for scientifically sound clinical practice. Now almost ten years later, those who gathered are a vibrant network of clinical investigators, conducting research and publishing their findings in peer-reviewed journals. Like young adolescents, they are 'stretching their legs' and discovering their place in the larger world of clinical research. I predict that this social network for discovery will continue to make worthy contributions to what we know about natural history, diagnosis, prognosis, and therapy.

If the network members avoid the ossification of academic institutions, you will be the envy of many in your own country and elsewhere on the globe. I hope you will continue to pursue questions of special relevance to practice in the community and with non-referral populations.

Most research is done with hospital and specialty center populations. By avoiding referral biases, your findings will be of greater general relevance. I also hope that sponsors of research will discover the power of your network to conduct work of general importance, providing you all with greater financial resources than you have had to date.

Most of all, I hope you will continue to follow your passion and be guided by your clinical instincts and curiosity. These habits will sustain your efforts.

Omedetou! Gokouun o inorimasu!

「青年期」のサマーキャンプ
2004年、福原俊一氏は仲間と共に、将来有望な若手臨床医達を対象に、臨床研究の手法を学習してもらうための、それまでの伝統的な手法とは異なる方略を発明しました。アカデミックな規程や学位必須要件は無く、サマーキャンプの必須要件は、発見への情熱、そして科学的に適切な診療業務のためにエビデンスを発展させようという責任感でした。およそ10年後の現在、塾生たちは臨床研究者同士の活気に満ちたネットワークを構築し、研究を行い、彼らの発見を査読付き雑誌に発表しています。彼らは若者らしく、もっと広い臨床研究の世界へと「足を伸ばし」、自分の居場所を発見しています。発見に向けたこの社会ネットワークは、疾病の自然史、診断、予後、そして治療に関して我々の知識に価値ある貢献をし続けるでしょう。

もし塾生達のネットワークが、学術機関のような組織の硬直化を避けられたら、世界中の誰もが羨むことになるでしょう。これまでの研究は、病院などの特異的集団をもっぱら対象にして行われてきました。しかし、皆さんの研究はそれ以外の、地域における実践に最も切実で意味のある研究をし続けることを希望します。このような地域に根差した研究をすることによって、偏った集団を対象にするバイアスを避けることができ、皆さんの研究成果は非常に広範な人々にとって切実な研究となり、より大きな意義を生み出すでしょう。

また、皆さんがこれから築いていくネットワークは、より広範な対象にとって重要な問題を扱う研究ができるというパワーを持つことになります。皆さんのネットワークの力はいずれ将来のスポンサーの目に留まることになるでしょう。今までより多くの研究資源を提供してくれることをお祈りします。

何よりも、皆さんがその情熱を持ち続け、臨床現場におけるご自分の直感と好奇心に従うことを願っています。そうした習慣は、皆さんの努力を持続可能にすることでしょう。

おめでとう! ご幸運を祈ります!

  • 出版物のご案内
  • iHopeが獲得した研究費
  • 賛助会員制度
  • 寄附のお願い・申し込み
  • ニューズレター

TOP